福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

平成27年度春季リーグ戦第1週終了〜九州大〜

公開日:2015年04月20日(月) 最終更新日:2015年05月21日(木)
11日土曜日、福岡ヤフオク!ドームにて、九州六大学野球春季リーグ戦が開幕しました。
開会式では本学主将の片山(4年・東福岡)が九州共立大学主将の村井とともに「最後まで諦めず、感謝の気持ちをもって正々堂々戦う」と選手宣誓を行いました。
12日日曜日に行われた九州大学との開幕戦は、試合前に九州大学硬式野球部創立100周年を記念して同大学の前後援会長である江良順治さんと本学野球部OB会長の山内顕さんによる始球式が行われました。
試合は、本学先発の唐仁原志貴(4年・小林)がランナーを背負いながらも粘り3回まで無失点に抑えます。しかし、4回5回に四球と失策から3点を奪われたところで轟木達也(3年・鵬翔)にスイッチ。7回に1点を奪われるものの、それ以降無失点に抑えます。
逆転したい打線は、6回、無死1塁から1番、井浦幸士朗(4年・西短大附)が左中間を破る三塁打を放つと続く北野貴昭(3年・飯塚)の中犠飛で2点を返します。7回には伊取成貴(2年・祐誠)の右前安打で同点に追いつくと、チャンスを作りながらも勝ち越すことができず試合はそのまま延長戦に入ります。
リリーフの轟木が好投を見せる中、1点を狙う本学は12回、四球で出塁した北野が盗塁を決め1死2塁とすると3番原田大輔(2年・宇部商)が左前安打を放ちサヨナラ勝ち。緊張する初戦を5xー4で勝利しました。
14日月曜日に行われた2戦目は、序盤から北野の遊内野安打や井浦の左前安打、八坂健司(3年・鳥栖)の中越三塁打などで5点を奪うと、投げては先発の本多裕哉(4年・鹿島)2安打の抑える好投を見せ、2−0の完封で連勝しました。
2週目は25日・26日(土・日)北九州市立大学と久留米球場での試合となっております。応援よろしくお願いします。

お知らせ一覧

© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。