福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

平成27年度春季リーグ戦第2週終了〜北九州市立大〜

公開日:2015年04月27日(月) 最終更新日:2015年05月21日(木)
25日(土)に久留米球場にて行われた北九州市立大学との対戦は先発の唐仁原志貴(4年・小林)が、初回、二回と四球と失策がからみ4点を失います。
その後は、変わった轟木達也(3年・鵬翔)が無失点に抑え、打線の反撃を待ちます。
反撃したい打線は5回、9番谷口周平(4年・日南学園)の中越二塁打でチャンスを作ると続く1番井浦幸士朗(4年・西短大附)が右越三塁打で1点を返します。
7回には先頭の谷口が右前安打で出塁、盗塁を決め2死2塁から2番、北野貴昭( 3年・飯塚)の右二塁打、3番、原田大輔(2年・宇部商業)の右前安打で2点を返しますが、反撃もここまで。4−3でリーグ戦初黒星を喫しました。
26日(日)、1敗で迎えた2戦目は初回、原田が中前打で出塁するとすかさず2盗を成功させます。続く草清優真(4年・日南学園)の中前打で幸先よく1点を先制します。
5回には四球と失策で1死2・3塁とすると4番草清の右前打で2点を追加し、3−0とします。
しかし、6回、先発の本多裕哉(4年・鹿島)が相手打線につかまるなど2点を奪われます。
8回にも1点を奪われこのまま試合は延長戦に突入します。勝ち越したい本学は11回、途中出場の関屋慈留(3年・柳川)が左前打、井浦も左前打で続きます。1死満塁で打順が回ってきた原田は2点右前打を放ち勝ち越しに成功。その裏に1点を奪われるものの逃げ切り、6−4で大事な2戦目をものにしました。

お知らせ一覧

© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。