福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


日本経済大学 戦

試合日:2018/3/24 場所:福大G 結果:9回 2 - 3 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

日本経済大学

0
0
0
0
0
1
0
0
1
2

○福岡大学

0
0
0
1
2
0
0
0
-
3
コメント
【3回表】
先発の山下俊祐(新4年・小郡)は3回を投げ被安打1と先発の役目を果たしマウンドを降りる。0-0

【4回表】
この回から登板した松丸康隆(新4年・八女)は二死から安打を許すも後続を打ち取り無失点に抑える。0-0

【4回裏】
先頭打者の3番田村誠(新2年・広島商)が右前安打で出塁すると、4番田上真大(新1年・熊本工)がすかさず犠打を決め、6番坂田和統(新3年・阿波)が適時三塁打を放ち一点先制。1-0

【5回表】
この回から登板の百留佑亮(新1年・宇部鴻城)は、一死から安打を許し一死二塁とピンチを招くも二者連続で打ち取り無失点に抑える。1-0

【5回裏】
先頭の8番浦田泰志(新1年・東福岡)が内野安打、9番磯野和也(新3年・鳥栖工)が四球を選び無死一、二塁とし、1番代打永江大樹(新1年・東福岡)の右前適時打によって一点追加。その後も二死一塁の場面で相手の失策などが絡み更に一点追加。3-0

【6回表】
この回から登板の藤松涼太(新4年・田川)は一死から二者連続安打を許し、その後失策などが絡み一点返される。3-1

【7回表】
この回からマウンドに上がった大森太朗(新4年・東海大五)は相手打者をしっかりと三者凡退に抑える。3-1

【8回表】
8回から登板の松永誠弘(新2年・熊本北)は相手打者三人に抑えこの回無失点。3-1

【8回裏】
守備から入っていたこの回先頭の嶋真也(新3年・佐賀北)が右前安打で出塁し、続く6番坂田のがすかさず犠打を決め、7番佐藤凌(新3年・佐賀西)の進塁打により二死三塁とチャンスを広げるも後続が途絶える。3-1

【9回表】
最終回を任された梶村一輝(新3年・福岡舞鶴)は一死から四球、死球を許し次打者に安打を放たれ一死満塁から犠飛によって一点返されるも後続を抑え試合終了。3-2

日本生命 戦

試合日:2018/3/22 場所:日本生命G 結果:9回 3 - 19 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

福岡大学

0
0
0
3
0
0
0
0
0
3

○日本生命

1
0
0
7
0
5
3
3
-
1919
コメント
【1回裏】
先頭打者が安打で出塁すると二死二塁となり後続の打者に適時打を放たれ先制を許す。0-1

【4回表】
先頭の井上絢登(新1年・久留米商業)が中越の二塁打を放つと続く永冨壱茂(新4年・西京)が犠打安打でチャンスを広げ、楠八重将哉(新4年・東福岡)の適時三塁打、井上大輝(新4年・宇部鴻城)の犠飛で逆転に成功する。3-1

【4回裏】
この回の先頭打者が安打で出塁すると後続の打者に安打と四球で繋がれ大量得点を失う。1-8

【6回裏】
連続安打でピンチを招くと適時打で5点を失う。3-13

【7回裏】
この回の先頭打者を四球で出すと続く打者に本塁打を浴びる。更に安打と四死球で満塁のピンチを招き、犠飛で追加点を許す。3-16

【8回裏】
この回の先頭打者が内野安打で出塁すると連続適時打で突き放される。3-19

【9回表】
守備から出場した金村浩二(新3年・岩国商業)が右安打で出塁するも後続が倒れ試合終了。3-19

大阪ガス 戦

試合日:2018/3/20 場所:今津総合グラウンド 結果:9回 0 - 9 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

福岡大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

○大阪ガス

0
2
0
0
6
1
0
0
-
9
コメント
【2回裏】
失策で出塁を許し、後続に適時打を浴びて2点の先生を許す。0-2

【5回裏】
先頭打者を安打で出し、その後も連続安打を浴びて一挙6点を失う。0-8

【6回裏】
連続四球でピンチを招き、押し出しの四球で追加点を許す。0-9

【8回表】
井上大輝(4年・宇部鴻城)がこの日2本目となる安打を放つも後続が倒れ無得点。0-9

【9回表】
反撃したい福岡大打線だったが3者凡退に倒れ試合終了。0-9


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。