福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


日本文理大学⑴ 戦

試合日:2018/3/25 場所:文理G 結果:9回 5 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
2
0
0
3
0
0
0
0
5

日本文理大学⑴

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【1回裏】
先発の馬場康一郎(新4年・諫早)が先頭打者に四球、その後味方の失策もあり2死1、3塁とピンチを招くも5番を空振り三振に打ち取る。0-0

【2回表】
先頭の澤和輝(新4年・広島国泰寺)が内野安打で出塁すると、5番の井上大輝(新4年・宇部鴻城)が犠打を決め1死2塁とチャンスを作る。6番宇都颯(新3年・九州国際)が適時二塁打、8番三苫健一郎(新2年・福岡舞鶴)が適時三塁打を放ち、この回2点を先制する。2-0

【5回表】
1死から9番永冨壱茂(新4年・西京)が左前安打で出塁し、続く1番佐藤力也(新4年・東福岡)が右越二塁打で2、3塁とチャンスを作り、2番井上絢登(新1年・久留米商業)が大学野球初となる本塁打を放ち、この回3得点。5-0

【5回裏】
先頭打者に四球、7番に中前安打を打たれ無死1、2塁とピンチを招くも後続を切ってとり無失点に抑える。5-0

【7回裏】
この回からマウンドに上がった2番百留佑亮(新1年・宇部鴻城)が三者凡退に打ち取る。5-0

【8回裏】
3番手の国料大史(新4年・鹿児島南)が安打と失策もあり1死1、2塁とピンチを招くも後続を打ち取り無失点。5-0

【9回裏】
4番手の中西勝紀(新3年・南筑)が2死から四球を与えるも6番を遊撃ゴロに打ち取り試合終了。5-0

日本文理大学⑵ 戦

試合日:2018/3/25 場所:文理G 結果:9回 4 - 3 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○日本文理大学⑵

0
0
2
0
1
1
0
0
0
4

福岡大学

0
0
0
0
1
0
2
0
0
3
コメント
【3回表】
先発の伊禮舜(新4年・興南)は先頭から二者連続安打を許し、その後野選によって一点先制され、なおも無死一、三塁の場面で犠飛により更に一点追加される。0-2

【5回表】
この回からマウンドに上がった栗原雄大(新4年・福大大濠)は先頭打者に安打、すかさず盗塁され無死二塁とし、続く打者に犠打を決められ、次打者に適時打を放たれ一点追加される。0-3

【5回裏】
先頭の5番井上大輝(新4年・宇部鴻城)が左越二塁打を放ち、続く6番宇都颯(新3年・九国大付)の中前適時打で一点返す。1-3

【6回表】
3番手の小南幸太郎(新1年・宇部商)は一死から二者連続安打を許し、その後犠飛によって一点追加される。1-4

【7回裏】
先頭の5番井上大輝が左越本塁打を放ち一点追加し、その後二死から守備から入った8番三村涼太(新3年・飯塚)が中前安打、9番三苫健一郎(新2年・福岡舞鶴)が左前安打、1番代打の廣瀬裕也(新2年・佐賀北)が中前適時打を放ち更に一点追加する。3-4

【8回表】
4番手の粟田雄輝(新4年・東海大五)は相手打者を三者凡退に切ってとる。3-4

【9回表】
最終回を任された前田賢太(新3年・福大大濠)は打者三人に抑え裏の攻撃に繋がる見事なピッチングをみせた。3-4

【9回裏】
反撃したい最終回であったが、相手投手に三者凡退に抑えされ試合終了。3-4

日本文理大学 戦

試合日:2018/3/25 場所:福大G 結果:9回 0 - 6 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

日本文理大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

○福岡大学

1
0
1
3
0
1
0
0
-
6
コメント
【1回裏】
先頭打者の坂田和統(新3年・阿波)が内野安打で出塁すると続く高田智大(新2年・福大大濠)がきっちりと犠打を決め、二死三塁から宮丸純平(新3年・早稲田佐賀)が適時打を放ち先制する。1-0

【3回裏】
坂田、高田智の連続四球でチャンスを作ると無死一、三塁となり田村誠(新2年・広島商業)の併殺打の間に1点を追加する。2-0

【4回裏】
この回の先頭、下沖皇支(新4年・宮崎西)が四球で出塁すると、吉岡翼(新2年・祐誠)の犠打安打と失策で無死二、三塁のチャンスを作り、続く松浦大(新2年・広島商業)のスクイズ、檜山謙吾(新3年・広島国泰寺)の適時二塁打で追加点を取り、更に高田智が適時打を放ち相手を突き放す。5-0

【6回表】
先発の浜名公貴(新2年・東福岡)は、被安打3 与四死球1 失点0の好投を見せマウンドを降りる。5-0

【6回裏】
この回先頭の松浦が安打で出塁するとその後三塁まで進塁し、相手の失策により1点を追加する。6-0

【8回表】
2番手の梶村一輝(新3年・福岡舞鶴)は、2回を3人ずつで終える完璧な投球を見せる。6-0

【9回表】
最終回のマウンドを託されたのは、荒武悠大(新1年・宇部鴻城)。内野安打で出塁を許すも後続を打ち取り試合終了。6-0


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。