福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


福岡工業大学 戦

試合日:2019/10/19 場所:FITスタジアム 結果:9回 4 - 1 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
0
2
0
1
0
0
1
0
4

福岡工業大学

1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
コメント
初回に先制を許したものの3回、内山貴博(2年・萩)の2点本塁打で逆転に成功。投手陣は2回以降無失点に抑え、勝利を呼び込んだ。

福岡工業大学 戦

試合日:2019/10/19 場所:FITスタジアム 結果:9回 1 - 4 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

福岡工業大学

1
0
0
0
0
0
0
0
0
1

○福岡大学

0
0
0
0
1
0
3
0
-
4
コメント
1試合目同様、初回に先制を許す。5回、四死球で出た走者を適時打で返し同点。7回には4連打で3点を加え勝ち越しに成功。投手陣はピンチを迎える場面はあったものの、粘りの投球で2回以降はスコアボードに0を並べた。
2試合とも初回に先制を許してしまった。先発投手の立ち上がりが今後の課題である。

久留米大学 戦

試合日:2019/9/2 場所:北九州市民球場 結果:12回 4 - 2 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1010
1111
1212
R

○福岡大学

0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
2
4

久留米大学

0
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
2
2
コメント
12回の接戦の末、福岡大学が勝利した。
今日はスタートからベンチの雰囲気や声がよく出ていた。2点を追う7回表、井上の中前安打、田村の犠打、田川の進塁打、三村の四球で二死一、三塁とし宮田の右前適時打、吉岡の中前適時打で同点とした。二死に追い込まれてからの勝負強さが今季は多く見られる。しかし、得点圏に走者を置いて返すことができない場面も多い。そこが1番の課題だ。
守備では吉岡の好守備、田川の盗塁刺が見られるなどいい面が多く見られた。
12回表に代打で出場した田中歩の二塁打や本日ベンチ入りをした田中虎次郎(3年・長崎商業)のベンチを盛り上げる声もいい刺激となっている。
一方、投手陣は粘りを見せた。先発上原の立ち上がりは1,2回を三者凡退に抑え、試合を作る好投。1点を取られるも4回3安打無四死球の好投を見せた。7回途中からマウンドに上がった藤松亮輔(2年・西短大附)は8,9回を三者凡退に抑え、相手へ勢いを渡さなかった。11回裏、二死三塁のピンチを背負うもしっかりと抑え、攻撃の勢いを手繰り寄せ、3時間45分に及ぶ死闘を勝利で収めた。

ただ今、全チーム同率1位となっております。
ここから優勝できるよう来週からも頑張りますので応援よろしくお願いいたします!


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。