福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-西南学院大学 戦

試合日:2017/5/13 場所:桧原球場 結果:9回 3 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
0
2
0
0
0
1
0
0
3

西南学院大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【3回表】
先頭打者の楠八重将哉(3年・東福岡)が左前安打、2番栗栖徹(4年・岩国商業)がすかさず犠打を決め、3番原田大輔(4年・宇部商業)が適時三塁打を放ち一点先制。なおも一死三塁とし、続く4番春日大生(4年・東福岡)の犠飛によって一点追加。2-0。
【6回表】
二死から伊取成貴(4年・祐誠)、永冨壱茂(3年・西京)が連続四球でチャンスをつくり、吉村円希(3年・東福岡)が遊直を放つもうまく取られこの回無得点。2-0。
【7回表】
先頭打者の楠八重が左前安打で出塁しその後盗塁を決め、4番春日が四球で出塁、5番宇都颯(2年・九国大付)の内野安打で二死満塁とすると6番河本佑己(4年・藤蔭)が四球を選び押し出しで一点追加。3-0。
【9回裏】
この回から登板した岡村英(4年・宇部工業)が三人できっちり抑え試合終了。3-0。

先発の秋山遼太郎(3年・田川)を筆頭に佐藤力也(3年・東福岡)、山下敦大(4年・樟南)、岡村英と福大投手陣が相手に一点もやらない完璧なピッチングをみせ相手打線を封じ込めた。それに答えるように打線が要所で繋がり得点に結びついた。三大学が同率一位となり負けられない戦いが続く。今日、勝利をつかんだ勢いで明日の応援合戦へ挑み勝利を勝ち取りたい。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-北九州市立大学 戦

試合日:2017/5/7 場所:春日球場 結果:9回 2 - 1 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○北九州市立大学

0
2
0
0
0
0
0
0
0
2

福岡大学

0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
コメント
【2回表】
先頭打者に安打を許しその後犠打、失策も絡み一死一、三塁とピンチを招き、すかさず盗塁を決められ続く打者を三振に打ち取るも次の打者に適時打を打たれ先制される。2−0
【3回裏】
先頭打者の河本佑己(4年・藤蔭)が二塁打を放ち続く宇都颯(2年・九国大付)がすかさず犠打を決めるも後続が途絶え無得点。2−0
【7回裏】
先頭打者の河本、8番栗栖徹(4年・岩国商業)が安打で出塁し捕逸の間に進塁し無死二、三塁とチャンスを広げると、9番吉村円希(3年・東福岡)が四球を選び無死満塁とチャンスを広げその後相手の失策が絡み一点返す。2−1
【9回表】
先発の秋山が三者連続三振でしっかり抑え反撃に望みを繋げる。2−1
【9回裏】
三者凡退に打ち取られ試合終了。2−1

今回先発の秋山は二回に失策なども絡み点は許したものの9回を投げ11奪三振をとるなど相手打線を封じ込めるピッチングをみせた。秋山を援護したい打線はチャンスメイクし流れを作るもあと一本が出ず追加点に繋がらない苦しい結果となった。来週の西南戦でこの悔しさを晴らし勝利を掴みたい。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-北九州市立大学 戦

試合日:2017/5/6 場所:春日球場 結果:9回 6 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

1
1
1
0
1
0
0
2
0
6

北九州市立大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【1回表】
1番楠八重将哉(3年・東福岡)が中越二塁打を放つと、続く永冨壱茂(3年・西京)が犠打をきっちりと決める。更に原田大輔(4年・宇部商業)が四球を選び、一死一、三塁のチャンスを作り、続く春日大生(4年・東福岡)が左前適時打を放ち先制。1-0。

【2回表】
一死から吉村円希(3年・東福岡)が本塁打を放ち1点追加する。2-0。

【3回表】
この回先頭の原田が左越二塁打を放つと、春日がすかさず犠打を決め、一死三塁とチャンスを広げる。続く宇都颯(2年・九国大付)が犠飛を決め、1点追加。3-0。

【5回表】
この回先頭の楠八重が本塁打を放ち、1点追加。4-0。

【5回裏】
先発の加藤大貴(4年・東福岡)が一死から四死球と安打を許し二死満塁のピンチを迎えるも、続く打者を三ゴロに打ち取り、切り抜ける。4-0。

【8回表】
この回先頭の春日が四球を選ぶと、続く宇都がすかさず犠打を決める。続く伊取成貴(4年・祐誠)が右前安打を放ち、一死一、三塁。続く河本佑己(4年・藤蔭)がスクイズを決め、1点追加。栗栖徹(4年・岩国商業)が右前適時打を放ち、さらに1点追加。6-0。

【9回裏】
先発の加藤が9回4安打6奪三振の好投を見せ、完封勝利。6-0。

本学が相手を封じ込め快勝。打線は序盤、中盤、終盤と確実に得点を重ねリードを広げた。しかし、追加点のチャンスで一本が出ない場面があったため、明日はチャンスでのもう一本に期待したい。
一方の投手陣は、先発の加藤が相手打線を完全に封じ込め、今季初勝利。完封勝利となった。
この勢いを切らすことなく、明日の試合も白星を飾りたい。


公式戦試大会別結果


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。