福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-九州国際大学 戦

試合日:2017/4/30 場所:光陵グリーンスタジアム 結果:9回 1 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
0
0
1
0
0
0
0
0
1

九州国際大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【4回表】
先頭の2番永冨壱茂(3年・西京)が右前安打で出塁。3番の原田大輔(4年・宇部商業)の内野安打と相手の失策の間に永冨が三塁まで進塁する。無死一、三塁。
続く4番春日大生(4年・東福岡)の内野ゴロの間に一点先制する。
1-0
【7回表】
先発の秋山遼太郎(3年・田川)がここまでランナーを出しつつも九国打線を被安打5、四死球1、4奪三振に抑える。1-0
【8回表】
この回から登板した岡村英(4年・宇部工業)が一死一、三塁のピンチを招くも後続2人を三振にきり、無失点で切り抜ける。1-0
【9回表】
先頭の2番永冨が四球で出塁。相手捕手の捕逸の間に進塁。無死二塁。続く3番原田がすかさず犠打を決め、一死三塁となる。
4番春日はニ飛に倒れ、ニ死三塁。
代打河野弘志(3年・大分東明)が登場するも三振に倒れる。1-0
【9回裏】
岡村英が二死からランナーを出すも次の打者をきっちりと抑え、試合終了。1-0

福岡大学が接戦を物にした。
投手陣は打たせて取るピッチングでランナーを出しつつも強打の九国打線を0点に抑える好投を見せた。また野手陣も好守を見せ、投手陣を援護し、全員で一点を守りきった試合だった。
この粘り強さを武器に次の試合も白星を飾りたい。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-九州国際大学 戦

試合日:2017/4/29 場所:光陵グリーンスタジアム 結果:9回 4 - 2 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○九州国際大学

3
0
0
0
1
0
0
0
0
4

福岡大学

0
1
0
0
1
0
0
0
0
2
コメント
【1回表】
先発の笹渕塁嗣(3年・筑陽学園)が安打、四球を許し続く打者に本塁打を放たれ先制される。3-0。
【2回裏】
先頭打者の澤和輝(3年・広島国泰寺)、7番伊取成貴(4年・祐誠)が相手の失策により出塁し、8番河本佑己(4年・藤蔭)がすかさず犠打を決め1番楠八重将哉(3年・東福岡)の右前適時打によって一点返す。3-1。
【5回表】
先頭打者に安打を許し犠打を決められ、この回途中から登板した加藤大貴(4年・東福岡)が安打を許し一点追加される。4-1。
【5回裏】
4番春日大生(4年・東福岡)が四球で出塁し盗塁を決め、5番代打の栗栖徹(4年・岩国商業)も四球を選び6番代打宇都颯(2年・九国大付)の右前適時打によって一点返す。4-2。
【9回表】
8回から登板している佐藤力也(3年・東福岡)が安打を許しピンチを招くもこの回途中から登板した岡村英(4年・宇部工業)がしっかりと抑える。4-2。
【9回裏】
二死から2番江越亮太(4年・岩国)が二塁打、3番原田大輔(4年・宇部商業)が死球、4番春日が四球で出塁し二死満塁とチャンスを広げるも後続が途絶え試合終了。

初回に先制され点を追う試合となった。投手陣は、2回以降安打を許しながらも九国打線を1失点に抑える力投をみせた。しかし打撃陣は点をとった後、更に追加点が欲しい場面で点を重ねることがでず悔しい結果となった。明日の2戦目は一戦必勝で勝ちにこだわりたい。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-久留米大学 戦

試合日:2017/4/22 場所:久留米球場 結果:9回 1 - 4 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

久留米大学

0
0
0
0
1
0
0
0
0
1

○福岡大学

0
0
0
0
0
0
0
4
-
4
コメント
【5回表】
二死から1番打者に本塁打を浴び、先制点を許す。0-1。

【6回表】
先発の秋山遼太郎(3年・田川)6回9奪三振1失点の好投を見せる。0-1。

【6回裏】
一死から原田大輔(4年・宇部商業)が四球を選び、続く春日大生(4年・東福岡)が進塁打、代打栗栖徹(4年・岩国商業)も四球を選び、二死一、二塁とする。続く、代打宇都颯(2年・九国大付)も粘るも遊ゴロに倒れ、点ならず。0-1。

【7回表】
この回から登板した中野聡(4年・新南陽)が3人できっちりと抑える。0-1。

【8回表】
この回からマウンドに上がった佐藤力也(3年・東福岡)が7回に続き、3人で抑え、攻撃の流れを手繰り寄せる。0-1。

【8回裏】
一死から原田が左前安打を放つと、続く春日が右越二塁打を放ち、一死二、三塁とチャンスを作る。続く栗栖が犠飛で1点返す。さらに、代打豊田崇嗣(4年・南筑)が四球を選び、二死一、三塁と逆転の好機を迎えると続く伊取成貴(4年・祐誠)が中前適時打を放ち、勝ち越しに成功する。続く河本佑己(4年・藤蔭)が右越三塁打を放ち、2点を追加する。この回一挙4点を挙げ、逆転に成功する。4-1。

【9回表】
最終回、マウンドを託された岡村英(4年・宇部工業)が3人できっちりと抑え、試合終了。4-1。

福岡大学が劇的な逆転勝利を収めた。1点を追う8回裏、4年生を主体とし、福岡大学の打線が爆発した。
一方、投手陣はそれぞれの持ち味を生かし、9回13奪三振1失点という好投を見せた。
守備では失策もなく、安定した守りを見せた。
この流れを切らさないよう、ひとつひとつのプレーを大事にしていき、次回も白星を飾りたい。


公式戦試大会別結果


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。