福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー


平成31年度春季リーグ戦-九州国際大学 戦

試合日:2019/4/20 場所:光陵グリーンスタジアム 結果:9回 11 - 6 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○九州国際大学

2
2
0
2
0
1
3
0
1
1111

福岡大学

0
0
1
0
0
0
4
1
0
6
コメント
今日は大量得点を許した苦しい試合展開となった。2回裏、3連打でチャンスを招くも無失点と1点が遠い試合。福大打線が爆発したのは7回。代打 井上が安打で出塁し、三村の三塁打、宮田の二塁打、櫻田の安打で4点を返す打線の繋がった回だった。ベンチも盛り上がりいい雰囲気だった。代打から出場の櫻田、井上、廣瀬は安打で出塁し、代打に求められる結果を残した。三村、宮田の長打は前回の試合に続き、4年生が打線の引っ張りを見せた。
一方、投げては9四死球と苦しい展開。試合のテンポをなかなか作ることができなかった。
明日はしっかりと勝ちに行きたい。

平成31年度春季リーグ戦-久留米大学 戦

試合日:2019/4/14 場所:今津球場 結果:9回 10 - 2 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

5
1
0
0
4
0
0
0
0
1010

久留米大学

0
0
0
1
0
1
0
0
0
2
コメント
昨日の試合が順延となったため福大は今日が初戦となった。雨の中の試合となったが福大が圧勝。12安打10得点といいスタートを切った。1回表に二死満塁から4連打で5点を先制し、試合展開を福大のペースにした。先制点は宇都、二塁打は三村、坂田と序盤から4年生が引っ張る打線となった。4番田嶋は2打数2安打2打点と4番に求められる理想の結果を残した。
守備では頭を使ったスタメンマスク田川の犠打併殺が久留米の打線を抑える鍵となった。安定した守備が全体的に見られた。
一方、投手陣は四死球が多いことが課題に挙げられる。2点とも四死球での走者だった。しかし、得点圏に走者を置きながらも無失点に抑える回も見られた。来週に向けて調節していきたい。
新体制となり初の公式戦で初白星を飾ることができた。この勢いで次回も勝てるよう頑張りたい。
来週も応援よろしくお願いいたします!

フレッシュリーグ-福岡工業大学 戦

試合日:2019/4/3 場所:FITスタジアム 結果:9回 4 - 7 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

福岡工業大学

0
4
0
0
0
0
0
0
0
4

○福岡大学

0
4
0
1
2
0
0
0
-
7
コメント
フレッシュリーグ戦3勝1敗同士で迎えた最終戦。先制は許したものの鮮やかに逆転して2年連続のフレッシュリーグ戦優勝を決めた。先発は亀山。2回に4本のヒットなど集中攻撃を受けて4失点。しかしその裏、先頭の櫻田がフォアボールを選び、高田智のタイムリー、瀬井の押し出しフォアボール、松尾の2点タイムリーツーベースで同点に追いついた。4回は松村が登板し、満塁の大ピンチを迎えるもきっちり切り抜けた。その裏、瀬井のタイムリーで勝ち越した。5回には福工大の守備のミスを突き2点追加。その5回から登板した岡謙が4イニングをぴしゃっと抑えて福工大に流れを渡さなかった。8回には松尾が4本目のヒットを放ち今日は4打数4安打と頑張った。最後は浜名が抑えて試合を締めくくった。1試合フルでマスクを被っていた田中歩は終盤に修正してきて良いリードで投手陣を牽引した。そして、フレッシュリーグ戦の通算19打数11安打7打点 打率.579と打ちまくった松尾がリーグ戦MVPに選ばれた。


公式戦試大会別結果


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。