福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

第68回全日本大学野球選手権大会-城西国際大学 戦

試合日:2019/6/12 場所:明治神宮球場 結果:9回 2 - 8 (負け)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

福岡大学

0
0
0
0
0
1
1
0
0
2

○城西国際大学

4
3
1
0
0
0
0
0
-
8
コメント
先発 藤松亮輔(2年・西短大附)は初回、先頭打者本塁打を始め連打を浴び4点の先制を許す。続く?田健吾(4年・福大大濠)、上原幸真(4年・鹿児島城西)も相手の勢いを止めることができず、3回までに8点を許した。だが、その後は上原も調子を上げた。7回からマウンドに上がった中西勝紀(4年・南筑)も点を許さず、4回以降はスコアボードに0を並べた。
一方、打撃面では三者凡退の回はなかった。毎回安打、失策で走者を出したがあと1本が出なかった。しかし、宮田輝星(4年・出水中央)は4安打、金村浩二(4年・岩国商業)は3安打と猛打賞。7回の1点は三村涼太(4年・飯塚)の右前適時打だ。守備では坂田和統(4年・阿波)の好プレーも見られた。投打、4年の意地が見られた。

この試合で、春までの4年生は引退となる。
4月に新体制となり、2週間で挑んだ春季リーグ戦でしっかりと結果を残すことができた。
4年生を中心にチームをまとめ、1日最低500スイングで"打ち勝つチーム"を作り上げた。試合後には選手のユニフォームが土で汚れていたのも印象的だ。泥臭く、新しい福大野球ができた。

公式戦試大会別結果


© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。