福岡大学 野球部

  • トップページ
  • 新着情報
  • 部の紹介
  • 部員紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦

開催時期:2017年4月 勝敗:12試合(9勝/2敗/1分)


平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-九州国際大学(優勝決定戦) 戦

試合日:2017/5/22 場所:大谷球場 結果:9回 4 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
0
0
1
0
0
1
2
0
4

九州国際大学(優勝決定戦)

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【4回表】
一死から7番河本佑己(4年・藤蔭)が四球で出塁、その後二死一塁となり9番永冨壱茂(3年・西京)が四球で出塁し、1番楠八重将哉(3年・東福岡)の内野安打でそれぞれ進塁、二死満塁とすると
続く2番江越亮太(4年・岩国)の左前適時打で一点先制する。1-0

【7回表】
先頭の楠八重が右越二塁打で出塁すると2番江越、3番原田大輔(4年・宇部商業)の連続内野安打で一点追加する。2-0

【8回表】
二死から9番永冨が四球で出塁すると、1番楠八重の中前安打を相手が失策、その間に打者走者も生還。二点追加。4-0

【8回裏】
先発の秋山遼太郎(3年・田川)が九国打線を8回5被安打、6奪三振で0点に抑える。

【9回裏】
この回から登板した岡村英(4年・宇部工業)が満塁のピンチを作るも後続をしっかりと抑え、試合終了。4-0。

秋山、岡村の完封リレーで強打の九国打線を完璧に抑え込んだ。
打撃ではチャンスでの一打を最高学年である4年生が粘りの打撃を見せ、一気に勝ちを呼び込んだ。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-九州大学 戦

試合日:2017/5/21 場所:北九州市民球場 結果:9回 2 - 0 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

○福岡大学

0
0
0
0
0
0
1
0
1
2

九州大学

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
コメント
【7回表】
6番河本佑己(4年・藤蔭)が四球で出塁し、次打者の伊取成貴(4年・祐誠)の犠打で進塁。続く打者が凡打に倒れ二死となるも、9番永冨壱茂(3年・西京)が右線への適時二塁打を放ち1点先制する。1-0。
【9回表】
先頭打者 河本が右越二塁打を放ち、流れを作る。先制点と同じく、次打者 伊取の犠打で進塁し、一死三塁。代打 栗栖徹(4年・岩国商業)が中前適時打で走者を還し、1点追加。2-0。
【9回裏】
この回岡村英(4年・宇部工業)が登板。先頭打者に内野安打で出塁を許すが、後続をきっちり3人で抑え試合終了。

先発投手 加藤大貴(4年・東福岡)が相手打線を8回無失点二安打で抑える好投。福岡大学が接戦の末勝利を物にした。同点で迎えた7回、さらに最終回に1点ずつを適時打で取った。一方投球では、先発の加藤大貴と岡村英の完封リレーで勝利を掴んだ。この調子を維持し、明日の試合でも勝利を飾り、神宮への切符を手にしたい。

平成29年度九州六大学野球春季リーグ戦-九州大学 戦

試合日:2017/5/20 場所:北九州市民球場 結果:9回 3 - 9 (勝ち)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
R

九州大学

0
1
1
0
0
0
1
0
0
3

○福岡大学

0
0
0
3
0
2
0
4
-
9
コメント
【2回表】
先頭打者を死球で出し、失策も絡みその後一ゴロの間に生還し1点先制される。0−1。
【3回表】
二死から二塁打を放たれ失策も絡み1点追加される。0−2。
【4回裏】
先頭打者の春日大生(4年・東福岡)が四球、5番宇都颯(2年・九国大付)がきっちり犠打を決め、6番河本佑己(4年・藤蔭)が適時二塁打を放ち1点返す。なおも一死二塁とし、河本が盗塁を決め、その後8番吉村円希(3年・東福岡)が四球を選びすかさず盗塁し二死二、三塁とチャンスを広げ1番楠八重将哉(3年・東福岡)の適時打によって2点追加し、逆転に成功する。3-2。
【6回裏】
一死から7番伊取成貴(4年・祐誠)が相手の失策により出塁、8番吉村が内野安打、9番永冨壱茂(3年・西京)がすかさず犠打を決め二死満塁とすると、1番楠八重が中前適時打を放ち2点追加。5-2。
【7回表】
一死から二塁打を放たれ、続く打者の中越適時二塁打で1点返される。5-3。
【8回裏】
先頭打者の河本が死球で出塁、伊取が犠打、代打の栗栖徹(4年・岩国商業)が安打で出塁、代走に宮田輝星(2年・出水中央)が入りすかさず盗塁し一死二、三塁。
9番永冨の二ゴロの間に宮田は進塁しようとするもは二、三塁間で挟まれタッチアウト。なおも二死一、三塁とし1番楠八重が振り逃げで出塁、その間に走者が生還し1点追加。更に相手投手の暴投が絡み二死二、三塁とし、続く2番江越亮太(4年・岩国)が四球を選び3番原田大輔(4年・宇部商業)の適時三塁打で3点追加。9-3。
【9回表】
この回から登板した岡村英(4年・宇部工業)が走者を出すも後続をしっかり抑え試合終了。9-3。

序盤にミスが重なり点を取られるも、相手投手の交代を機にチャンスを物にし、一気に流れを福大側に持ち込んだ。その後も打線は繋がりをみせ9得点を奪った。投手陣も得点を許しながらも継投で相手に勝利を渡さない力投をみせた。今日の勢いのまま明日の勝利を掴みたい。


試合結果

© 2013 福岡大学 野球部,Fukuoka University Baseball Club. 当サイトに掲載の文章・写真・画像等の無断転載を禁じます。